濡れても大丈夫

シートの良さ

シートから自由自在

シートだからの良さもあります。
パソコンなどで印刷してプリント可能なものもありますので、シートはカスタムが簡単です。
印刷して壁などに貼るだけでも十分使えます。
さらに、シートですのでとっても軽いのもポイントです。
女性やお子さんでも簡単に使えます。
切ったりして形も変えやすいので自由自在に使えます。

耐水性のシートではなくテープや布もありますが、印刷が難しいことや粘着が邪魔になってしまう場合などもあるのでシートの方が使い勝手がいいでしょう。
さらに、シートでしたらテープや布の様に使うことも可能です。

シートだからこそ、耐水性の利点を上手に生かすことができると思います。
耐水性にはテープや布などよりもシートの方がおすすめです。

保存場所を気にする必要がない

耐水性シートは特に保管に気をつけることなどがなくて、気楽に使うことができるのも良い点でしょう。
水に強いですし、雨や風にも耐性がありますから、外での使用もできます。
日常生活程度の熱や日光でしたら危険なこともないので、特に気にかけることも必要ありません。
当たり前ですが、キッチンなどの火の元の近くにおいておく場合は、溶け出す可能性がありますので注意が必要です。
明らかに危険な使い方はしないでください。

一般的な使い方をして、危険な使い方に気をつければ、耐水性シートはどこでも使うことができます。
頭を柔らかくして、耐水性シートには他にどんな使い方があるのか考えてみてください。
きっと、あなたならではの便利な使い方が発見できると思います。


TOPへ戻る